Home >

◇日本を南北から狙う中国 
これは合法的侵略だ!

離島保全法が成立し 更に水陸機動団も設立されるなど
法的、組織的に日本の防衛は強化されているように見えます
しかし 軍事的なやり方とは違った いわば合法的侵略は
着々と国土を蝕んでいます
まず南の沖縄からその手法をまとめましたので 
ご覧ください
大和タケル

メディアが県民から隠蔽してきた「不都合な真実」
自衛隊に有利な報道をしないという「報道協定」

沖縄の左派プロパーのプロセス例
北海道,中国人街,沖縄,海外資本,中国,国土,国交省,公明,土地,不動産,マスコミ,規制,新聞,侵略,移民,土地売買,不動産

米軍普天間飛行場の移設先である名護市辺野古の
キャンプ・シュワブ前での反対派の座り込み

この座り込みで工事車両が停車を余儀なくされ
国道では大渋滞が発生

北海道,中国人街,沖縄,海外資本,中国,国土,国交省,公明,土地,不動産,マスコミ,規制,新聞,侵略,移民,土地売買,不動産

機動隊員たちが、反対派を次々と強制排除する

「警察の行為で大渋滞が発生しています」 
反対派の1人が声を張り上げる

琉球新報、沖縄タイムス等の県紙に掲載されたのは
「国が工事を強行しても絶対諦めない」という
反対派のコメントだけだけで あたかも渋滞の
責任が警察にあるようなプロパガンダを発信している

 自衛隊活動報道にも規制か
北海道,中国人街,沖縄,海外資本,中国,国土,国交省,公明,土地,不動産,マスコミ,規制,新聞,侵略,移民,土地売買,不動産
 「何度も取材をお願いしているのに、県紙は
ほとんど報道してくれない」嘆く自衛隊員 

沖縄本島には先の大戦の膨大な不発弾が埋まっている。
自衛隊員は連日手作業で信管を抜き取り、不発弾を
安全化する命懸けの作業に従事している。 

離島で発生した急病人やけが人を、医療施設の
整った本島に空輸するのも自衛隊の重要な任務だ
これまで、1万人近い人命が救われた。 

だが県紙は県民の命を守る自衛隊の活動を
紙面からほぼシャットアウトしている
沖縄メディアの間では、自衛隊に有利な報道を
しないという「報道協定」が70年代から存在する
井上和彦氏による

少しづつ沖縄報道にも変化が
北海道,中国人街,沖縄,海外資本,中国,国土,国交省,公明,土地,不動産,マスコミ,規制,新聞,侵略,移民,土地売買,不動産

石垣島の零細新聞社である八重山日報が今年4月、
沖縄本島に進出して4カ月。県紙「琉球新報」
「沖縄タイムス」が圧倒的なシェアを誇るなか、
独自の取材活動を展開し、部数はほぼゼロの状態から
一気に2000部を超えるに至った。 

長年、大手メディアが県民の目から隠蔽してきた
「不都合な真実」のベールが、剥がされようとしている。 
zakzakより一部抜粋

沖縄の地方選挙でも知事派が過半数割れに
なりましたが これも偏向報道が是正されはじめた
結果の表れといえるでしょう






ただちょっと言いたいのは 自衛隊にしろ政府機関にしろ
プロパーということがほとんどできていない
平時にやっていないことが 戦時にできるわけがない
それだけは言っておきますよ

関連記事

◇中国の批判封じ
 支局閉鎖まで追い込まれる


一方 北海道にも中国の魔の手が伸びています

無制限に土地を奪われる実態

中国人の不動産爆買い 日本人は怒りで震えているが、
日本政府はこっそり笑っている
北海道,中国人街,沖縄,海外資本,中国,国土,国交省,公明,土地,不動産,マスコミ,規制,新聞,侵略,移民,土地売買,不動産

中国人にとって日本が米国、オーストラリア、カナダに
次いで、第4の規模を持つ不動産購入目標国になった
しかし、これが日本人に恐怖を抱かせている。
中国人の目標は東京や大阪などの中心都市のみならず、
全国にまで広がっている。中でも北海道は顕著だ 
  

そのうえで、日本はカナダなど他国とは異なり、
不動産購入者に身分の制限や購入量の制限を設けていない、
また購入すれば永久に所有することができる
 

北海道,中国人街,沖縄,海外資本,中国,国土,国交省,公明,土地,不動産,マスコミ,規制,新聞,侵略,移民,土地売買,不動産
不動産を買っただけでは長期滞在ビザを手に入れることは
できないが、価値ある不動産を購入すればベンチャー投資や
就業名義で居留資格を手に入れることができる
  

中国人が日本の土地や建物を買い漁る」状況に対して
日本社会が憂慮を示す一方、税収や雇用、養老といった
側面から見れば、中国の不動産投資家への『敵視』は
まさに『痛くないのに痛そうに呻く』状態なのだ。

この件について日本政府が全く反応を示さないのも分かる。
なぜなら彼らは心の底でひそかに喜んでいるからだ
今日頭条より一部抜粋

これは中国側の報道なんですが もっともな
ように見えますが決して然らずです
状況の描写は間違っていませんが 肝心の
中国側の意図がボカされています

北海道,中国人街,沖縄,海外資本,中国,国土,国交省,公明,土地,不動産,マスコミ,規制,新聞,侵略,移民,土地売買,不動産

ヤンキース田中投手の母校も中国資本下に入り
中国人学校化しようとしている


それは土地取得の目的が違うということです
確かに80年代の日本も米国などの優良物件を
多く取得した時期がありました

ですが それはあくまで不動産投資としての
経済活動であり あくまで資産運用のためでした
ところが中国は違います この記事内にも
"居留資格を手に入れること"と書かれているように
あくまで土地取得と移民がセットになっているわけです

関連記事


◇苫小牧が中国人街に? 沖縄は囮
 真の狙いは北海道か!



◇外国人にBuy国土を薦める
国交省の仰天マニュアル 


外国人土地取得の規制が必要

金も無く不法に侵入しようとする者ならば 
トランプのように壁で遮ることもできるでしょう
ですが 札びらを切って地主に納まる連中を
食い止めるのは実に厄介です

しかも国交省などが音頭をとって土地取得を
勧めています また中国人に雇われて書類等を
偽造していた行政書士が捕まったケースもあります

一日も早く 外国人の土地取得の規制を始めないと
とんでもないことになります

▲Page Top

inserted by FC2 system